アブトロニック X2 ホーム > 使い方

CM裏話

アブトロニック正しい使い方!
アブトロニック X2の「操作の手順」や「モードの使い方」などアブトロニック X2の使い方をご紹介。正しい使い方を覚えて、全身・気になる部分を部分シェイプ!理想のウエストラインを手に入れよう!

 

操作の手順 [ 準備 ]


  1. コントロールユニットの、裏にある電池ケースのフタを開けて、
    +-の方向に従って単4電池2本をケースに入れます(イラスト1参照)。
  2. フタを閉めてコントロールユニットを本体ベルトに装着します。
  3. 導電パッドをベルトのホックに装着してください(写真1参照)。
    ★導電パッド(大)はフロントに、(小)はバックに装着してください。
    【本体ベルトの装着と調整方法】
    センターカバーの両端が開閉します。
    片方を織り込み、片方を差し込み、センターカバーで綴じ込みます。

    【バックチャンネルのパッドの位置】 ウェストのサイズに合わせて、バックチャンネルの導電パッドの位置を
    右図のような場所に合わせることをお勧めします。
    ピッタリと締まるように本体ベルトの長さを調整し、
    運動させたい場所に来るように本体ベルトと
    導電パッドの位置を調整してください。
  4. 本体ベルトを裏返して、
    4つの導電パッドに付属のジェルシートを貼り付けてください。
    重要:アブトロニック X2 は導電パッドを取り付けて、
    必ずジェルシートを貼ってご使用ください。
  5. コントロールユニットの電源が切られていること
    (LCDディスプレイがオフになっていること)を確認してください。
    誤ってコントロールユニットの電源を入れた場合は
    電源ボタンを長押し(3秒間)して、必ず電源を切ってください。
  6. 本体ベルトをお腹の周り、またはその他の運動させたいところに巻き、ピッタリフィットするように(ただしきつくし過ぎない)
    マジックテープで本体ベルトを締めてください
    (「本体ベルトの装着と調節方法」図参照)。
  7. 電源ボタンを1度押して、コントロールユニットの電源を   
    入れてください。LCDディスプレイが点灯し、表示が出ます。
  8. 機能ボタンで以下のようにメニューを切り替えてください。
  9. コントロールユニットの電源を切る際は、   
    電源ボタンを3秒間押し続けます。
  10. サウンドをオン/オフにする際は、機能ボタンと電源ボタンを2秒間押し続けます。   
    ディスプレイに「サウンドオフ」アイコンが表示されます。




このページのトップへ

 

操作の手順 [ モード/8つのプログラム ]


モード1〜4は同じ動作を繰り返します。モード5〜8はモード1〜4のプログラムに含まれる様々な要素で構成されています。これらのプログラムの間は、長さとパルスが変わり続けます。いろいろな要素で筋肉を刺激させることで、より大きな効果が得られます。短いパルスは反射運動のために、長いパルスは持続的なエクササイズに用いられます。
重要:「モード」でプログラムを選択した後の強さは「0」になっています。
5以上のモードは、アブトロニックX2を用いて通常の「ワークアウト」(モード4)を最低でも1週間行った後から使用することをお勧めします。初心者の間は、常に最も心地よいと感じるモードと強さを用いるようにしてください。


このページのトップへ

 

10段階の強さ


  1. 機能ボタンで強さを選択ください。
  2. 強さのレベルは各チャンネルに10段階あります。 UP/DOWNボタンを1度押すたびに強さが1段階上がったり下がったりします。最も心地よく感じるためにフロントとバックで異なるエクササイズの強さを設定することが出来ます。
    UP/DOWNボタンを押して各チャンネルの強さのレベルを上げ下げできます。レベル1は感じることが出来る最低のレベルです。モード設定でプログラムを選択した時点では0に設定されています。レベルを上げるとエクササイズが始まります。筋肉が収縮する前にチクチクする刺激を感じる場合がありますが、筋肉が収縮し始めると刺激もなくなり、気持ちよくリラックスしていると感じます。心地よさのレベルに応じて強さを調整してください。強すぎるレベルや痛みを伴う強さでの使用は、筋肉疲労や皮膚トラブルを起こしたり、体調を損ねる恐れがありますのでお止めください。筋肉の収縮を心地よく感じる強さにレベルを調節し使用してください。
  3. 注意:身体に痛みなどの異常を感じたら、直ちに使用をお止めください。
  4. アブトロニックX2の安全性能
    A)自動電源オフ: タイマーを設定しない状態で約10分経過すると、自動電源オフ機能によってコントロールユニットの電源が切れます。
    B)フェイルセーフ: 本体ベルトと導電パッドを身体に正しくつけていない状態やジェルシートが乾いている場合は、エクササイズがスタートしません。コントロールユニットからピーピー音が出て20秒で自動的に電源が切れます。
    C)キーロック: エクササイズの途中で機能ボタンを3秒間押したままにするとロックできます。サイド3秒間押すと解除できます。


このページのトップへ

 

操作の手順 [ タイマー 自動機能 ]


  1. 機能ボタンでタイマーを選択ください。
  2. 初期設定の時間は10分です。UP/DOWNボタンを押して、時間を長くしたり短くしたり出来ます。最大時間は45分です。
  3. 自動機能
    • 本体ベルトの導電パッドがお肌に触れていない場合は   
      強さの設定は「1」にしかなりません。
    • 電源が入った状態で20秒以内にエクササイズがスタートしない場合はアラームが鳴り、自動的に電源が切れます。
    • 導電パッドがお肌に接していない状態でのスタートや、使用中に導電パッドがお肌から離れた場合はアラームが鳴ります。
    • 導電パッドの接触がお肌から離れた場合、すぐに戻してお肌に触れさせないと、20秒後に自動的に電源が切れます。
    • アブトロニックX2には自動タイマーが付いていますので、設定したエクササイズ時間の終了後には自動的に電源が切れます。
    • エクササイズの途中でモードを変更した場合はタイマーは最初の設定時間に戻り、強度は「0」にリセットされます。
    • タイマーは5分間隔で10分〜45分まで設定できます。

    筋肉の収縮が感じられない場合
    筋肉の収縮が感じられない場合は、運動させたい場所のあたりで本体ベルトをゆっくりと動かしてみてください。導電パッドの内側にジェルシートが張られていることを確認してください。その後、筋肉の収縮が感じられるまで、モードの各チャンネルのUPボタンを押して、パルス強度を徐々に上げてください。


このページのトップへ

 

クイックスタート


使い始めの一週間は
「ワークアウト」モードで筋肉をEMSに慣れさせてください。
時間は最大で10分までにし、 1日2回までの使用にしてください。


このページのトップへ

アブトロニックX2 基本セット
EMSエクササイズ!基本セットでここまでできます! 9,800円
購入はこちら購入はこちら
アブトロニックX2 パーフェクトセット
女性から圧倒的支持!! 部分シェイプに!!  12,800円
購入はこちら購入はこちら
アブトロニックX2 専用ジェルシート
購入はこちら 36枚セット 6,980円60枚セット 10,000円90枚セット 15,000円
購入はこちら 購入はこちら 購入はこちら購入はこちら 購入はこちら 購入はこちら
購入はこちら 購入はこちら 購入はこちら
アブトロニックX2 腕足用ベルトコントロールユニット
購入はこちら コントロールユニット腕足用ベルト
購入はこちら    購入はこちら 購入はこちら    購入はこちら
購入はこちら
    購入はこちら
本サイトの製品はCJプライムショッピングがアフターフォローを行う正規品です。
日本テレビ(日テレ)ポシュレデパート(深夜店)のアブトロニックX2(アブトロ)は、CJプライムショッピング正規販売元の正規品です。並行品・コピー商品に関する重要なお知らせはこちら

基本セット

購入はこちら
購入はこちら購入はこちら
  • 背中
  • お腹/背中上部
  • お腹下部/背中下部
  • 腰/背中
  • でん部

パーフェクトセット

購入はこちら
購入はこちら購入はこちら
  • 腕
  • 大腿部上部
  • 大腿部後面の上部
  • 大腿部上部前面
  • 大腿部/ひざ前面
  • 大腿部内側
  • ふくらはぎ

ラブバデ

購入はこちら
購入はこちら購入はこちら

ラブバデ

購入はこちら
購入はこちら購入はこちら